増えすぎたSNSの友達整理術

トラブルにならない友達整理術

友達整理は一種の心の整理

リアルでも友達は頭の中で区分けされています。 しかし、ネット上の友達と聞いてもあくまでネット上の友達であって、それ以上の分類が無いように感じるかもしれません。 しかし、実際にはリアルと同等に無意識で細かい分類は行われています。 ここでは、どのようにSNSの友達が分類されているから考えてみましょう。

続きを読む

SNS上の友達の分類

皆さんにとってネット上の友達とリアルでの友達はどのような扱いになるでしょうか?
ネット上の友達よりリアルの友達でしょうか?
それともその逆?
当然ながら、リアルでも面識のあるネット上の友達や、ネット上でも交流しているリアルの友達なんてのもありますね。
もし、ネット上だけの友達の重要度がそれほど高くない人からすると、煩雑になったSNSの交流の輪が煩雑に感じることもあるかもしれません。
思わず整理したくなってしまうかもしれませんね。

様々なケースはありますが、基本的に友達整理は心の整理にもつながっています。
リアルでも意外とそのような区分けは無意識的に行われています。
友達は友達であってそれ以上でも以下でもない、と思う人もいるかもしれませんが実際はそうではありません。
例えば小学校の友達と職場の友達は、全然違う人であることが多いと思います。
それはあなたの頭の中でしっかりと区分けされているからなのです。

小中高の友達。
大学の友達。
クラブの友達。
職場の友達。
年齢の近い親戚。
近所の幼馴染。

など、脳内で自然と友達は分類され、現時点での接触の多さや交流の深さを元に記憶上の優先度が決まり、疎遠な友達程思い出しづらくなります。

何が言いたいかというと、SNSを単純に使っているとその区分けが行われないわけです。
そうなるとタイムラインは煩雑になる一方で、頭の整理がつかず、それぞれの友達の関係を把握するのも難しくなってしまいます。
これは突然SNSをやめたくなる衝動を引き起こすこともあるので、注意が必要です。
そうならないためにも、SNS上の友達もしっかりと整理しておくことをお勧めします。

友達整理のための便利機能

ネットの原則は「嫌なら見るな」です。 しかし、タイムラインはフォローしている人の投稿は全て表示されてしまいます。 どうしても不快に思う投稿はタイムライン上から表示させないようにする必要があるでしょう。 そのためにはどのように工夫をすればいいのでしょうか?

続きを読む

SNS整理の思わぬ火種

SNSでの友達整理などの作業には思わぬ火種が潜んでいることもあります。 特に、あまりに一方的な理由で、相手のことを考慮しない整理を行ってしまうと、それが火種となりあなたのネット上での活動に支障をきたすかもしれません。 最後に、そのようなことを起こさないための注意点をまとめておきます。

続きを読む